未分類

モバイルバッテリーはコンセント付きがオススメ!?コンセント付きモバイルバッテリーがとても便利だった件。

Pocket

モバイルバッテリーはコンセント一体型タイプの物がおススメです。

皆さんは、モバイルバッテリーは愛用していますか?

私はスマホのベビーユザーかつ、2年半ほど電池交換をしていない電力消耗の激しいiPhoneを使っているので、

モバイルバッテリーが手放せないです。

今回はそんな私が、おススメしたいモバイルバッテリーを紹介したいと思います。

モバイルバッテリーはコンセント一体型がおススメ!

あなたがモバイルバッテリーの購入を考えており、モバイルバッテリーの外観に特にこだわりがないのであれば、

コンセント一体型のモバイルバッテリーを強くお勧めします。

充電している時の外観がスッキリしている。

モバイルバッテリー本体の充電ってどのように行うかご存知ですか?

一般的には

USB電源アダプター

Lightningケーブル(iPhoneの場合)

が必要です。

こちらより画像をお借りしました!

コンセント一体型のモバイルバッテリーだと

USB電源アダプター

Lightningケーブル(iPhoneの場合)

のどちらも不要になります。

充電するための毎日の一手間が短縮可能

毎日モバイルバッテリーを使用する方なら

毎日充電をする為に以下の手順を踏む必要があります。

1.モバイルバッテリーにLightningケーブルをつなげる

2.モバイルバッテリーにつなげるLightningケーブルをUSB電源アダプターにつなげる

3.USB電源アダプターをコンセントにつなげる

という3ステップが必要になりますが、

コンセント一体型タイプのモバイルバッテリーですと

「モバイルバッテリーをコンセントに繋げる」という行為のみで充電が完結します。

毎日、モバイルバッテリーを充電するというケースを想定した場合、

前述の方法だと1分かかると仮定し、後述の方法だと10秒で済むと仮定をします。

そうすると、1年間で5時間もの節約になります。

これはかなり多くの時間を節約できることができますね!

モバイルバッテリーを充電しながら、スマホ自体も充電ができる

コンセント一体型タイプのモバイルバッテリーだったら、画像の様に充電しながらスマホを使用することができます。

通常のモバイルバッテリーでも、充電をしながらスマホを使用することは可能ではありますが、ケーブルが二つ必要だったりと、なかなか不便が生じます。

ですがコンセント一体型タイプのモバイルバッテリーでしたら、その様な一手間は必要ないので、

スマホが手放せなくて、モバイルバッテリー充電中もスマホをいじりたいという方にもオススメです。

まとめ

いかがでしょうか?

私はコンセント一体型のモバイルバッテリーを約5年ほど使用してきましたが、

利点はあれど、欠点はありませんでした。

そして、今持っているモバイルバッテリーが故障しても同型の商品をもう一度買うことでしょう。

いかがでしたでしょうか?少してもコンセント一体型のモバイルバッテリーの魅力が伝われば幸いです。

ではでは