断捨離

漫画:少女ファイト9巻に学ぶ断捨離の必要性。なぜ断捨離する必要があるのか?断捨離の本質とは?この本に全て書いています。

Pocket

少女ファイトという漫画の9巻に断捨離の本質が書かれていたので紹介します。

断捨離は捨てるのが目的じゃないというのを思い出させてくれる内容でした。

目次

  1. 少女ファイト9巻の内容
  2. その痛みを心に刻んでこの先の買い物にそれを活かせ
  3. 物は思い出を纏っており放置すると無意識のうちに心の負担になってくる。
  4. 物は片付けるときに嫌でもそれと向き合わなければならない。つまり片付けは過去にかたをつける行為でもある。

少女ファイト9巻の内容

それは掃除、整理整頓がされていない女子バレー部の部室での出来事でした。

そこで監督が以下のように苦言します。

「片付いてないということが、どれだけ時間を浪費するのかわからんのか」

 

「整理整頓は何故整頓整理の順でないかわかるか。整理とは、無駄なもの不要なものを処分すること。整理とは並べ整えることだ」

「不用品を並べておくと導線を確保できず体力が削がれ情報量の多さに精神も疲弊する」

「まず初めに必要のない物を全て処分しろ、物の絶対量を減らさなねば整頓など無理だ」

「「いつか使える」ではなく今使っていない物も破棄すること」

「えーっもったいなくないですか」⇨「その痛みを心に刻んでこの先の買い物にそれを活かせ」

「ただし自分の励みになるものだけは残しておけ」

「物は思い出を纏っており放置すると無意識のうちに心の負担になってくる」

「物は片付けるときに嫌でもそれと向き合わなければならない。つまり片付けは過去にかたをつける行為でもある。」

「これからは常に必要か不要かの取捨選択を迅速に処理する習慣をつければ問題を先送りにする悪癖もなくなる」

「いいかいつでも行き詰まったら整理整頓して掃除に励め。そうすればおのずと心も安定してくる」

「管理能力を超える量は持っていないのと同じだからさ」

「よし必要な物だけに絞ったな次は全ての物の定位置を決定しろ」

「使い終わったらすぐに戻せ住所不定の物を一つでも作るなこのルールを常に厳守だ」

少女ファイト9巻 より引用

断捨離の名言のオンパレードでしたね。

これを見ると断捨離はただ単に物を捨てるというのではなく、生活をより良くするための手段ということがわかりますね。

心理学的には部屋の状態 ≒ 心理状態とも言われていて、お部屋は心を映し出す鏡とも言われています。

部屋は自分の心を移す鏡でした。

なので作中の「いいかいつでも行き詰まったら整理整頓して掃除に励め。そうすればおのずと心も安定してくる」という言葉は的を得ていると言えるでしょう。

ここで例を挙げてみましょう!

あくまでも一例ではありますが、このように部屋と心は繋がっています。

今回のバレー部の片付けも、部室の整理整頓という名目の中に「冬季大会までに自分と向き合う・大会に専念できるようにする」といった理由が含まれていると言えるのだと思います。

では、今回特に紹介したいと思った言葉を掘り下げていきたいと思います。

その痛みを心に刻んでこの先の買い物にそれを活かせ

断捨離したことがある人ならご存知かと思うのですが、物は買うよりも捨てる方がはるかに難しいんですよね。そして、捨てるのにも大量のエネルギーを消費します。

ですが、その痛みを乗り越えた人は物を断捨離することの痛みを知っているので今後の買い物は「本当にこれは要るものなのか」という吟味を重ねた上で衝動買いをしなくなります。

これを断捨離eyeと言います。

こちらから引用させていただきました。

それを繰り返すことで本当にお気に入りの物だけで暮らしていくことが出来ます。

どれをとってもお気に入りの物ばかりに囲まれた生活を想像してみてください。

凄く、幸せな気持ちになれると思います。

「その痛みを心に刻んでこの先の買い物にそれを活かせ」という言葉にはそんな意味が含められているのだと思いました。

物は思い出を纏っており放置すると無意識のうちに心の負担になってくる。

物は片付けるときに嫌でもそれと向き合わなければならない。つまり片付けは過去にかたをつける行為でもある。

2つ同時に紹介させていただきます。

物はただの物の物ではありません。物にはあなたと作った思い出という不可価値がついているのです。

そして、モノにも魂があり使ってもらえないととジェラシーを感じ放っておくと次第に殺気を放つようになるそうです。そして運を衰退させる衰気というものを放ち始めるそうです。

なので、長い間使うことが出来ずにいてこの先も使う予定が無いものは片付けましょう!

こちらより引用させていただきました。

ここで考えてみましょう!物を人に置き換えてみます。

あなたには好きな人がいます。ですが、その彼氏彼女は貴方のことはキープ状態で相手にするわけでも無く、メールもいつも放置されています。

寂しいですし、辛いですよね?

物も同じなのです。使ってもらえないと寂しいですし辛いのです。そして「なんで使ってくれないんだ!」と貴方にプレッシャーを放ちます。

なので、もう使わないものにきちんと「かた」をつけてあげましょう。

また日頃何気に口にしている。「片付け」という言葉には実は深い意味が隠れています。

片付ける = 片を付ける

そうなのです。片付けとは、過去と決着をつける意味もあるのです。

自分の過去と決別しながら片付けをすることで、頭の片隅でずっともやもやしていた負担から解放され、脳の空いた部分に新しいものが入ってきて、新しい「何か」を入れることができるのです。

 

この断捨離が捗らなくなった時はこれらの言葉を思い出してください。きっと断捨離が捗ることかと思います!